バイブロハンマ連動システムで、岸壁・護岸の建設に新たな時代を拓く。耐震性、止水性に優れ、大水深工事への対応が可能です。


HOME > 根入れ式鋼板セル工法について

根入れ式鋼板セル工法について

鋼板セル施工フロー
バイブロハンマ連動システム
施工実績一覧
施工事例
バイブロハンマ連動システム

根入れ式鋼板セル工法の施工事例

根入れ式鋼板セル工法について

「根入れ式鋼板セル工法」とは、あらかじめ一体化されたセルを海底の地盤中に根入れさせる工法です。直接打設の場合は、数台のバイブロハンマを同調運転させ、強力な振動エネルギーを均等にセルに伝える連動システムを用い、困難だとされていた一体セルの打ち込みを可能にしました。
根入れ式鋼板セル工法の特長
1 急速施工が可能です。

鋼板セルはあらかじめ工場やヤードで製作、一体化して、現地に運搬、一気に設置するため、海上作業時間が大幅に短縮され急速施工が可能です。
2 大水深工事への対応が可能です。

鋼板の板厚を自由に選ぶことができ、20m 以上の水深の施設にも十分適用できます。
3 耐震性に優れています。

地震動を「剛と柔」の構造体により吸収し、さらに根入れ部によって滑動抵抗が増大し、地震への安定性に優れています。
4 止水性が優れています。

鋼板セルは溶接による一体構造となっているため、止水性に極めて優れています。
根入れ式鋼板セル工法